業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » 出店の勝ちパターンを明確にする
2018-09-07
テーマ:ブログ

データに基づいた分析を

 

 

先日は年商20億円くらいの飲食店を展開されるお付き合い先へ。

 

 

こちらでは一気に店舗展開ができる業態開発ができた為、それを一気に攻めて行く事に。

 

 

しかしここでしっかり詰めるべきは、その勝ちパターンです。

 

 

というのも、その業態は「予約業態」ではなく「衝動業態」です。

 

 

つまり、店前通行量に対しての来店率によって業績が大きく異なってくる業態です。

 

 

ということは、ここで大事なのは年齢別での来店率です。

 

 

レジデータ的には20〜25歳の女性が多いのですが、

 

 

想定客数=20〜25歳店前通行数×20〜25歳来店率

 

 

上記のように見ていけば、一つの仮説が生まれています。

 

 

あとはメインクラスタだけでなくサブクラスタも上記のように分析していけば、

結果的に必要な年齢別での店前通行数が見えて来ますし、

同時に来店率を高める外観作りのルール化も見えて来ます。

 

 

ざくっとした商圏内人口や店前通行数ではなく、

しっかりと集客の逆算から考えて行きたいところです。

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索