業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » コンセプトを作るときに大切なこと
2018-08-07
テーマ:ブログ

店側の利益ベースで考えない

 

 

先日は飲食店を十数店舗展開されるお付き合い先へ。

 

 

今年も出店ラッシュなので、お店のコンセプトと商品MDを考える連続です。

 

 

その中で、お店のコンセプトを考える上で非常に大切にしていることがあります。

 

 

それは「誰にとって良い店か?」を明確にするということです。

 

 

美味しい・楽しい。この手の感覚ってやっぱり人によって違うものですよね。

 

 

20代の女性と60代の男性が感じる美味しい!ももちろん違います。

 

 

その為、店側がこれが良い!と思っても、誰にとって良いのか?の共通言語がなければ内部ですら共通言語を失って空中分解してしまいます。

 

 

ただどうしても出店が続いたり初期投資が重いときには利益からの逆算で考えてしまうものです。

 

 

もちろんそれも大切ですが、まずは誰にとって良い店か?を最初に走らせて、その後上記を考えていきたいですね。

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索