業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » 人手に依存する形からの脱却
2018-04-07
テーマ:社長の仕事

身軽に展開しよう

 

 

先日は都内でケータリングを展開されるお付き合い先へ。

 

 

今期は前期比で営業利益も大幅改善。二桁利益率をキープしつつ、大きな増益を実現されました。

 

 

その一番の要因は、人手を最大限にシンプルにされた事です。

 

 

こちらもいっとき、年商が20億を超えてきたときに人が一気に増え、オフィスも凄く良くなりという時期がありました。

 

 

しかし、間接業務が莫大に増えていき、労働時間も長くなり、かつ教育が後手になる事で売上の伸びも鈍化。

 

 

そこで取り組んだ事はシンプル化です。

 

 

間接業務は自動化やシステム化し、人手がかからない形に。

 

 

またメインの業務も今まで自分達で抱えていたものを外注などすることで変動費に。

 

 

その上で、社員がやるべき仕事を商品改善とマーケティングに絞り込まれました。

 

 

それによって競合よりもよりよい商品が作れるようになり、かつ企画立案や展開もより早くなりました。

 

 

それによって、固定費が減りながらも売上が高まり大きな増収へ。

 

 

社員がやるべき仕事は何か?ここを定義して展開する必要性を感じますね。

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索