業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » 何故うどん屋が始めたデリバリーが伸びているのか?
2018-03-07
テーマ:うどん, 事例紹介

大きな伸び率の達成

 

 

先日はうどん業態を複数展開されるお付き合い先へ。

 

 

こちらのうどん業態は地域でかなり有名なのですが、売上自体はなだらかな下降トレンド。

 

 

その為、そちらの活性化は徐々に行いつつも、新たな収益源作りとして新規事業の立ち上げを行っていました。

 

 

その1つがデリバリー事業です。

 

 

といっても!うどんをデリバリーする訳ではなく。

 

 

完全予約型の法人向け弁当のデリバリーを開始しました。

 

 

これがかなり好調で、今期も昨対平均が150%超で伸びています。

 

 

本事業のみで年商5億円を突破する為に、今後CKの立ち上げも控えているのですが、やはり大きいなと感じるのは「伸びている」という事です。

 

 

成功体験の積み重ねではないですが、やはり伸びていると思考もポジティブになりますし、やる事が成果に繋がれば自信にも繋がります。

 

 

そしてそこには好循環がうまれ、高い生産性から給与や設備への投資もダイナミックに出来るようになってきます。

 

 

経営判断として、如何に時流適応のビジネスを行っていくか。これの重要性を改めて感じる次第です。

 

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索