業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » お店のコンセプトを作る時に大切な事
2018-02-15
テーマ:事例紹介

誰の悩みを解決する店舗なのか?

 

 

昨日はフードビジネス経営研究会を開催しました。

 

 

こちらは外食を展開される経営者さんが2ヶ月に1回集まって勉強する会です。80名以上の経営者さんが高収益を実現し、より永続的な発展を遂げる為には何が必要なのか?を議論している場ですので、非常に活気がありました。

 

 

その中で改めて感じたのがコンセプトを明確にしておく事です。

 

 

外部環境はどんどん変わりますし、その時のトレンドも変わります。コストはあがりますし省人化の流れもあります。

 

 

ただその中で、「自分達のお店は、誰のどんな悩みを解決し、より豊かな環境を提供する為の店なのか?」この根っこの部分でジャッジできている店は強いですし、逆にそこでジャッジ出来ていない店は判断基準がブレブレになってしまうので、結果的に弱い状況に。

 

 

飲食の店舗数で見れば飽和状態だからこそ、やはりこの根幹部分を明確に出来ているかどうかは本当に大切だなと。

 

 

ブレない軸を作った上で、より前向きな事業展開を行っていきたいですね!

 

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索