業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » フードデリバリー立ち上げ初年度で年商1.8億作った企業がやった事
2018-01-11
テーマ:宅配・ケータリング

目的注文を大切にする

 

 

先日は地方都市にて飲食店を複数展開されるお付き合い先へ。

 

 

こちらでは新規でフードデリバリー・仕出しの専門業態を立ち上げ、初年度で1.8億円の着地となられました。

 

 

この金額自体は予算通りではあるのですが、今期は安定して二桁成長させるのが大切になってきます。

 

 

その中で、まず順調にスタートできたのが業態特性を正しく把握できた事が挙げられます。

 

 

というのも、フードデリバリー・仕出しは衝動注文が意外と少なく、目的注文が多いということです。

 

 

例えば、

・御用納めで弁当が必要

・忘年会でケータリングが必要

・お食い初めでお食い初め膳が必要

・三回忌で法要膳が必要

・ランチ会議で弁当が必要

 

 

などなど、あくまでも「○○に弁当」と目的のあった用途と商品が必要ということです。

 

 

その上で、そのエリア特性ももちろんあるので、そこで必要な用途を把握し、それに沿った商品作り&WEBコンテンツを作成。

 

 

シンプルに言えばこれの精度を高めて行った事が売上確保できた大きな要因でした。

 

 

とはいえまだまだ取りこぼしも多いので、より成長に繋げていきたいなと思います。

 

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索