業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » ケータリングで生産性を高めるために

複雑化させない

 

 

先日は、企業向けのケータリング事業を展開されるお付き合い先へ。

 

 

業績自体は好調で、昨年1年間の売上げは前年比150%で着地されていました。

 

 

FLコストも、50%未満に抑えていらっしゃるので収益性も抜群の事業です。今期は新たにセントラルキッチンへの投資も始まったため、さらなる業績アップが楽しみな状況です。

 

 

ただし、今のうちに気をつけておくべきこともあります。それは、オペレーションをいかに複雑化させないかと言うことです。

 

 

と言うのも、今は少数精鋭部隊で事業を行っているからこそ、お客様からの要望も細かく、よりカスタマイズ性高く事業を作ることが可能になっています。

 

 

これが支持されているからこそ、売り上げが伸びている背景もありますが、今後外国人就労支援等を当たり前に行っていくと、良かれと思ってやっていたことにミスが生じ、それからのクレームリスクが増える可能性もあります。

 

 

せっかくいいことをやっているのに、それからクレームが生じるのはもったいないし単純に悔しいですよね。

 

 

そのため、今複雑化になっていることを一旦シンプルにし直し、事業の仕組み化をこの1月2月で形にすることに決まりました。

 

 

今年も引き続き、前年比150%以上での成長を目標にしているからこそ、そこに無理無駄がない形でしっかり進めていければと思います。

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索