業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » なぜ今、フードデリバリーが伸びているのか?
2017-12-21
テーマ:ニュースより

久々にラジオに出てきました。

 

 

昨日は久々にラジオのJ-WAVEさんのPICK ONEに出演してきました。

 

ファイル 2017-12-20 23 37 31

 

今はAbemaTV等とも連携しているらしく、数万人の方が聴いてくれていたとの事。話した内容がよりポジティブに伝わっていればなと思います。

 

 

さて、今回のテーマはフードデリバリーですが、今年はフードデリバリー元年だったなと凄く感じます。

 

 

元々日本には出前文化はありますが、人手不足もあいまって飲食店のデリバリーには障壁がありました。

 

 

しかし、楽びんさんやUberEATSさんのサービスが拡充する、言い換えれば「配送プラットフォーム」が出来てくる事によって、容易にフードデリバリーへの参入が出来るようになりました。これが今年一気に伸びた一番の要因だと思います。

 

 

しかし、来年は市場は伸びつつも競争は激しくなると思います。

 

 

プラットフォーム側から見れば、如何に配送網を強く出来るかに尽きます。デリバリーは「50分の壁」があり、それを超えると注文が大幅に落ちてしまいます。つまり、如何に早く届けられるか?いい変えれば、そこの人にどれだけ先行投資できるか?が大きな勝負になってきます。

 

 

飲食店側から見れば、ただの「ついで」ビジネスには限界があります。飲食店はやはり出来立てが美味しいレシピですので、数十分経った時は想定していません。その為、来年は実店舗を持たずにバーチャル展開しつつデリバリー「専門店」として打ち出す店も増えてくると思います。

 

 

この辺りが背景としてありますが、市場として伸びるのは間違いないと思います。成長期の今、しっかりと収益を得られる形を作っていきたいですね。

 

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索