業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » 新人即戦力化の為に最低限用意したいこと
2017-10-16
テーマ:マネジメント, 教育

受け入れ体制側が変わっていくために

 

 

先日、日本経済新聞社が2018年度採用状況を発表されました。

 

 

これによると、主要企業の大卒採用の内定者数は7年連続のプラスとの事です。

 

 

つまり、学生にとっては売り手市場で、色んな分野にチャレンジしやすい環境は整っているとも言えます。

 

 

ただ逆に、サービス業においては計画未達の結果に。このデータはあくまでも主要企業なので大手ではありますが、熾烈な獲得合戦を感じますね。

 

 

では中小企業にとってはどうか?これもやはり熾烈な争いなのは間違いなく、入社してからも「隣の芝生は青く見える」状況も加速しています。

 

 

その為、如何に受け入れ態勢をより良くしていくか?ここもより大切になってきています。

 

 

その中で、新人さんが「やり方」として成長が早いな~と思う企業さんには特徴があります。

 

 

それは、

①マスターして貰いたい仕事が棚卸されている

→最初の1週間、1ヶ月、3ヶ月、半年で、、

など、何を行って欲しいか?が明確になっている。

 

 

②動画始めとして、ビジュアルとして学びやすい

→言葉のマニュアルだと眠たくなりますが、

これが視覚的にわかりやすい動画だとすっと理解しやすくなります

 

 

この2点を完備されているところは、やはり早い印象があります。

 

 

もちろん教える人であったり、その環境の風土あっての事ではありますが、この辺りはどんどんブラッシュアップしていきたいですね。

 

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索