業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » 定着率の高さとオペレーションの安定は比例する
2017-10-04
テーマ:マネジメント, 教育

未来への種まきをしやすい環境へ

 

 

先日は外食とフードデリバリーで4ブランド展開されるお付き合い先へ。

 

 

こちらは9月も既存店売上が好調。利益も前年比でしっかり伸ばされていました。

 

 

もちろん施策としての要因は様々あるのですが、それ以上に素晴らしいなと感じるのは定着率の高さです。

 

 

こちらは新卒であろうと中途であろうと、そしてアルバイト・パートであろうと定着率が本当に高いです。(ほぼ人が辞めない)

 

 

その為、オペレーションの安定化に繋がりやすく、結果的に未来に向けた改善や変化を起こしやすい環境になっています。

 

 

今はどの企業さんも人手不足に悩み、採用がどうしても欠員補充的な状況から抜け出せないところも多いと思います。

 

 

しかし、こちらの企業も元々はそうで、トップが変わることによってそれが数年で大きく変わりました。

 

 

定着率とオペレーションの安定は比例するからこそ、定着率向上の為の風土をどう作っていくか?

 

 

そして風土という土台の上に、どう制度やツールを構築していくか?

 

 

改めてこの辺りの大切さを実感しました。

 

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索