業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » 売上アップに必要な3つの視点

センターピンをどこに置くか?

 

 

先日はあるエリアで、フードデリバリー(仕出し・寿司)を展開されるお付き合い先へ。

 

 

こちらは今のところ、県で2位の企業さんです。これを1位にする為にどうしていくか?ここが今の勝負のポイントになっています。

 

 

まずはその県内でのシェアアップを実現する必要がありますが、その為には売上が必要。

 

 

では、売上を上げる為には何が必要なのか?

 

 

こちらで重視しているのは、下記の方程式となります。

 

 

年商=①有効顧客数×②年間平均利用回数×③単価

 

 

つまり、上記①~③の中でどこを改善していけばより業績が高まるか?の指標を持っていく必要があります。

 

 

こちらの場合、①の有効顧客数の獲得に関しては、折込チラシにしてもスマホサイトにしても、順調に獲得できています。

 

 

また、③の単価に関しても業界平均値くらいで推移しています。

 

 

ただ、②に完全に伸びしろがあり、ここを1.5倍くらい伸ばせる余力がありました。

 

 

つまり、ここが1.5倍になれば年商も1.5倍になるという事です。

 

 

ここでセンターピンとして考えると、②が弱い現状で①を強化しても業績アップの加速スピードは上がってこないとも言えます。その為、やはりセンターピンは②となります。

 

 

県内1位は完全射程圏内ですので、②を獲得した上で一気にシェアを高めて行ければと思います。

 

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索