業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » 一次情報の価値
2017-09-30
テーマ:マネジメント, 教育

価値は平等

 

 

先日は弊社の内定者も確定し、コミュニケーションを取る機会がありました。

 

 

よりお客様に価値を提供できるコンサルタントとして、入社迄の期間に何をしたらいいか?この辺りで講演をしてきました。

 

 

よく「入社迄はたくさん遊んだ方がいいよ!」と仰られる方もいらっしゃいますが、私個人としてはもちろん遊びつつも、考える癖付けは付けて欲しいなと思っています。

 

 

では、具体的にどんな癖付か?と申しますと、下記2ステップとなります。

 

 

①徹底して繁盛店を見るようにする

②その繁盛店は何のお困りごとを解消しているのか考える

 

 

こちらです。

 

 

まず①に関してですが、自分で繁盛店に足を運んでみる「一次情報」は、若手であろうとベテランであろうと「事実」ですので同じ価値があります。

 

 

つまり、この一次情報の収集というのは、それだけでも価値があるんですよね。

 

 

しかし、ただ見るだけでは意味がないので②が必要になります。

 

 

マーケティングの定義を、「問題発見」「問題解決」とすると、誰のどんなお困りごとを解消しているから繁盛しているのか?この視点で見ていくと、繁盛のルール化が見えるようになってきます。

 

 

この辺りは完全に日々に積み重ねであって、慢性的に過ごしていると癖付できません。

 

 

この考える癖付けとして上記の大切さを個人的には痛感していますので、紹介させて頂きました。

 

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索