業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » フードデリバリーは企業売上の確保が重要
2017-09-13
テーマ:宅配・ケータリング

何をセンターピンとするか?

 

 

先日はある中堅都市にて、飲食店とフードデリバリーを展開されるお付き合い先へ。

 

 

こちらはフードデリバリーを展開され3期目が終わりましたが、売上は昨対140%での着地。閑散期でも利益を出せる形になられたので、この4期目の飛躍が益々楽しみな状況です。

 

 

さて、この伸びを実現するには非常に重要なポイントがありました。それは企業売上をきちんと伸ばせるかどうか?という事です。

 

 

企業売上のメリットとしては、

・予約比率が高い為、準備がしやすい(ロスが出ない)

・1件辺り受注金額が1万円以上と効率が良い

・大口でも同じ商品の注文なので製造効率が良い

 

 

といった面があります。今は出前型のフードデリバリーが伸びていますが、収益性で見ればこちらの方が断然高いと言えます。

 

 

しかし、この企業向けに関しては販促強化として狙うところが多いものの、本当に飽きさせず満足してもらう商品を出し続けているか?の視点で見ると、まだまだな事業者さんが多いのも事実です。

 

 

商品力と販促力がきちんと掛け算になるよう、しっかりと問題解決に繋がる商品をつくっていきたいですね。

 

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索