業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » ロボット化する分、どこで差別化するか?
2017-08-12
テーマ:ブログ

ますます加速するロボット化

 

 

加速する人手不足に賃金増。この延長線上に事業の永続発展が見辛く、ビジネスモデルの転換を進めている企業は本当に多いと思います。

 

 

そしてその1つのやり方が、省人化です。人手不足対応モデルへの転換として、基本は省人化を進め、残された人間の生産性を最大化するといった流れです。

 

 

私個人としても本ブログでも何度か書かせて頂く通り、この流れは大賛成です。しかしながら、気をつけなければならないなと思う部分もあります。

 

 

それは、ロボット化する事でどうしても競合他社との標準化が進んでしまうという事です。

 

 

・ホテルのルームサービスの配膳がロボットに

・コンビニのレジが無人に

・飲食店の接客がタッチパネルに

 

 

などなど、ロボット化などを目的としてしまうと、どうしても大手資本に包み込まれる可能性が高くなります。

 

 

つまり、空いた時間や余った利益でどう差別化や優位性に繋がる分野に投資を行えるか?これが今後より大切になってきそうです。

 

 

今はまだ、現状のやり方の打破がメインなのでこの視点が少ない事が多いですが、お付き合い企業さんとはこの辺りを重点的に進め、生産性も高くかつ優位性のある事業をどんどん作っていければと思います。

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索