業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » 目線を高める為に効果的な方法
2017-07-15
テーマ:マネジメント, 社長の仕事

誰が最も目線が高いのか?

 

 

お付き合い先で、「この従業員の目線をもう少し高めたいんですけど。。」といった悩みは良く聞きます。これは私自身のマネジメントでも凄く共感する1つでもあります。

 

 

ただ、ここで大切なのは「目線をあげろ!」といっても決してあがってこないっていう事ですよね。

 

 

そもそも違う環境にいる分、目線の違いはどうしても出てきてしまいます。環境の違いを超えて目線を高められるのは本当に優秀な一握りの人であって、それ以外のメンバーのベースをどのように高められるか?ここが組織として一段階ブレークできるかどうかの違いだったりします。

 

 

このような時に最も効果的なのは、強制的にでも最も目線が高いメンバーとの接点を増やす。という事ですね。

 

 

では、その企業にとって最も目線が高い人って誰でしょう?それはやっぱり、経営者ですよね。

 

 

実際、船井総研でも経営者と従業員が、気軽にモーニングを食べながら色々と相談する機会を設けています。

 

 

先日はネクスト管理職メンバーと一緒にモーニングを開催したのですが、一般職からこの管理職に上がるタイミングには非常に多くの悩みが増えてきます。

 

 

しかし、管理職として自社の進むべき方向性を正しく理解し、そしてそれを自分の言葉でメンバーに伝えていく。この流れを構築する事が大切な中で、如何にモヤモヤを腹落ちさせるか?はとても重要なポイントとなってきます。

 

 

この辺り、上述のような環境作りはとても有効ですし、お付き合い企業でも目線が高まる効果はあるようですね。

 

 

もちろん、そこからそれを持続するかどうか?は個々人によっての差が出てしまうのですが、第一ステップとしての導入は効果的です。

 

 

「目線をあげろ!」の根性論から、1つ仕組みを作るには?この視点でみたいな時に、この辺りもまたご参考頂けますと幸いです。

 

 

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索