業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » 日本でもフードデリバリーの配達ロボットが!
2017-07-17
テーマ:ニュースより

人手不足の対応モデル

 

 

成長期であるフードデリバリー市場。その為、売上を上げる事のみに注目すると、多くの企業さんがスムーズにそれを実現されていると思います。

 

 

ただ、持続的な成長の為には内部強化は必須で、その点人手も重要な要素になっています。

 

 

しかし、現在配達の採用はなかなか集まりにくいのが現状です。1配送人員の獲得コストが7万円を超えて来ている企業さんも多いのではないでしょうか?

 

 

この辺りの解決として、銀のさらを展開されるライドオン・エクスプレスとZMPさんが共同で実証実験を始められますね。

 

 

今回の配達ロボットは、最大時速6キロとの事。本当に足元商圏での活用になるとは思いますが、何より着実に一歩を踏み出し始めたのが良いですね。

 

 

現在日本には、公道をロボットが走るのに対応した法律はないそうです。その為、越えるべきハードルはまだまだ高そうですが、実証実験を進めると事で利便性と安全の両立を実現して欲しいですね。

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索