業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » 会議の生産性を高める為に
2017-07-04
テーマ:マネジメント, 会議手法

会議

主体性を高めるシンプルな方法

 

 

先日はある地方都市にて、多角化経営を行われるお付き合い先へ。

 

 

こちらでは、外食やデリバリーなど食の分野だけでなく、ヘルスケアや紹介業なども展開されておられ、地域の方のお困り事を解決する事業を展開されています。

 

 

このように様々な展開を仕掛けるからこそ、常に議案としてあがるのが人財力です。仕組みは勿論なのですが、より経営幹部になる人財を育成していくか?は毎回大きな議論となります。

 

 

この辺りで私との打ち合わせでも意識している事が2点あります。

 

 

1点目→議論は数字中心に

 

会議で最も無駄なのは、それらしい「ぽい」事だけを言って、結局何も決まらないという事です。

 

 

ここではあくまでも「事実」に基づいて、本来やるべき事は何か?それを実現する為には何が必要か?

 

 

を明確にしなければ意味がありません。その為、時間はかかりましたが打ち合わせ議題は全て業績をあげるKPIにリンクしたものになられました。

 

 

2点目→なるべく最小ユニットで

 

 

どうやら、人は発言量と主体性はリンクするようです。その為、なるべく発言量を増やす為の会議設計にしなければ、人ごと感が増してしまいます。

 

 

これを防止する為に、「階層別」「業種別」の最小ユニットに分けて今後会議を行っていくようにします。

 

 

この辺りを、生産性の高い会議になるように実施しています。

 

 

この辺りは常に改善を繰り返してアップデートしていく必要がありますが、より成長する為のフレームワークをどう作るか?

 

 

この発想は大切にしていきたいところです。

 

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索