業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » 事業をルール化するために
2017-07-29
テーマ:宅配・ケータリング, 寿司宅配

勝ちパターンを作っておく

 

 

先日は地方都市にて寿司デリバリーを展開される企業さんとのお打ち合わせに。

 

 

こちらでは、寿司デリバリー専門店をどんどん展開していく為に、どのように自分たちの勝ちパターンを構築するか?というのが大きなテーマでした。

 

 

このような勝ちパターン作りは、自分たちの業績アップのルール化に繋がる部分ですが、ステップで考えると意外とシンプルです。

 

 

1.KGIを決める

 

 

売上や利益など、最終的なパターンの数値を確定させます。

 

 

今回であれば、年商5,000万円・営業利益率20%でした。

 

 

2.KPIを決める

 

 

上記数値を実現するには何が必要か?それを様々な売上の方程式にて作っておく必要があります。

 

 

例えば今回の場合だと、

 

 

5,000万円=必要世帯数×必要年間利用回数×注文単価

 

 

が1つのパターンです。

 

 

これが見えてくると、

・必要世帯数の内訳は?シェアはどの程度狙う?

・必要年間利用回数を高める仕組み作りは?

・注文単価をキープするMDやセット商品は?

 

 

などの具体例にうつっていきます。そしてこの具体例も定量的に落とし込んでいれば、1つの勝ちパターンが見えて来ます。

 

 

もちろん、ノウハウなんて作ってすぐに陳腐化がはじまりますし、競合状況によってパターンはどんどん変わって来ます。

 

 

しかし、型があれば展開スピードが増すのも事実です。自分たちの勝ちパターンは明確にしておきたいですね。

 

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索