業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » 時間と空間を超える技術
2017-06-29
テーマ:生産性向上, 調理方法

技術を徹底活用する

 

 

先日は冷凍技術を用いた機械の拡販に向けての経営相談でした。

 

 

現在、この冷凍技術はかなり進歩しています。元々、凍らすまでの時間がかかる事によって細胞が壊れてしまい、解凍時にドリップが出て味が落ちる事が多々ありました。

 

 

しかしその時間を大幅に圧縮する事によって細胞破壊を抑えられ、品質が大幅に改善する事が出来ました。

 

 

この機械自体は数年前から私のお付き合い先も導入が増えてきたのですが、今後さらなるチャンスを感じています。

 

 

何故か?それは共働きが当たり前になる事によって、冷凍食品の購入がより一般化する可能性があるからです。

 

 

実際、セブンイレブンもこの冷凍食品をより多く売るためのレイアウトに変更してきます。

 

 

冷凍食品は感情的に「手抜き」しているように感じられるのが嫌で、一般化しないという側面があるようなのですが、コンビニの展開でそこが変わる可能性があります。

 

 

今回のお打ち合わせで、「冷凍技術は時間と空間を超える」と仰られていたのが非常に印象的でした。

 

 

ここからはスピード勝負なので、どんどん進めていきシェアを確保したいところです。

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索