業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » 昔ながらの仕出し業こそ、自分達で売る力を
2017-06-21
テーマ:仕出し, 宅配・ケータリング

お食い初め

紹介案件のみだと先細るのみ

 

 

先日はあるエリアにて、地域一番のお付き合い先へ。

 

 

こちらは非常に歴史のある老舗店で売上も大きいのですが、一点非常に危うさを持たれています。

 

 

何か?

 

 

それは、売上構成比の90%が葬儀関連の紹介案件だという事です。

 

 

確かに、葬儀会社さんからの紹介は1件の売上も大きいですし、対応力があれば非常に大きな売上に繋がります。

 

 

しかしながら、

①今後1件あたり単価はどんどん減少する

②葬儀会社さんの食事内製化の流れも進む

③紹介手数料15%超が基準

 

 

などがネックになってくるのは間違いありません。

 

 

その為、この売上をやめよう!という訳ではなく、依存度を減らそう!という風にしていく必要があります。

 

 

その為、自分達で売る力をどこまでつける事が出来るか?が、これからの時代で勝ち残る仕出し会社と、淘汰される会社の差になってくると思います。

 

 

その為には、

①クラスタの設定

②その人たちに合わせた、商品内容と包材・価格の設定

③その人たちに合わせた、販促媒体の設定

④その人たちに合わせた、アフターフォローの設定

 

 

が必要になります。

 

 

これ、お客様商売として考えれば非常に当たり前な事ですよね!

 

 

しかし、意外と紹介案件が多いとこの発想がごそっと抜け落ちてしまいます。

 

 

あくまでも、お客様の問題をどう解決していくのか?この発想で、自分達の売る力を高めていきたいですね。

 

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索