業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » サテライト店舗でのテスト手法
2017-06-02
テーマ:宅配・ケータリング, 寿司宅配

寿司宅配

初期投資を抑える為に

 

 

先日はある地方都市にて、地域2番のお付き合い先へ。

 

 

こちらは仕出し・寿司宅配を数拠点展開されておられ、今月も1店舗出店する予定です。

 

 

ただ、今回の出店に関しては今までと違った手法を取ります。

 

 

それは、製造機能をもたないサテライト店舗という事です。

 

 

仕出し・寿司宅配の展開において、少し面白いデータがあります。それは、「〇〇店」といった具合に、そのエリアにお店があると示した方が販促媒体の反響率が良くなるというものです。

 

 

その為、拠点展開をする事は1つ1つのエリアでのシェアを高められるメリットがあります。

 

 

但し、今回に関しては初の県外出店で知名度がないところからのスタートとなります。

 

 

その為、製造拠点から作ろうとすると坪50万くらいの投資がかかってしまう為、初めて製造拠点をもたないサテライト店舗としての展開でスタートする事になりました。

 

 

もちろん、そのエリアでの販売が伸びれば、製造拠点を持つようにはします。ただ、今回のパターンであれば初期投資はほぼかかりませんし、家賃も月10万円未満という条件です。

 

 

このパターンであれば攻めやすいですし、同時に撤退戦略も組みやすくなります。

 

 

もちろん始める時に撤退ありきでは考えませんが、ポジティブな目標設定と、ネガティブシンキングで、今後の展開に繋げていければと思います。

 

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索