業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » 益々激化する、オフィスで〇〇業態

オフィス

LTVが非常に高い事業

 

 

先日は都心部でフードデリバリーを展開される企業さんとお打ち合わせ。

 

 

こちらは非常にメディア露出など含め有名な企業さんなのですが、今も未来への種まきをどんどん実施されており、今後が益々楽しみな会社さんです。

 

 

その際、議論の中で出てきたテーマとして「オフィス〇〇」という置き型宅配ビジネスの盛り上がりがありました。

 

 

このオフィス〇〇。最も有名なモデルとしては、オフィスグリコさんですね。

 

 

オフィスに商品棚を設置させてもらい、売れた分だけを回収する。というビジネスなのですが、一度社内の棚を抑えると中々他社さんに切り替わる事がなく、LTV(顧客生涯価値)が非常に高いという傾向にあります。

 

 

今はお惣菜やお弁当なども冷蔵庫を無料配置をフックとし、後から投資回収するというモデルも多くなっています。

 

 

ただし、この事業として気を付けるのは粗利です。先行企業さんは異業種参入が多く、商品自体で粗利を稼ぐことが難しいという背景があります。

 

 

その為、製造能力がある企業さんが後発参入ながらも、一気にシェアを高めようという流れも増えています。

 

 

①早めにオフィスシェアを確保しておく

②IOTを活用し、より生産性が高い商品を納品できるように

③商材付加によって、全体の売上アップ

 

 

この辺りを早め早めに仕掛けておきたいところです。

 

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索