業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » 年商2.3億・営業利益率19%超のフードデリバリー戦略
2017-05-10
テーマ:仕出し, 宅配・ケータリング

お食い初め

勝てるマーケットで徹底的に勝つ

 

 

先日は飲食店とフードデリバリーを展開されるお付き合い先へ。

 

 

こちらでは、フードデリバリーに新規参入されて4年ですが、年商2.3億円の営業利益率19%超という高収益事業に。

 

 

その為、今回エリアをかえて新規出店されました。

 

 

総投資は2億程かけられたのですが、その分素晴らしいお店が出来ました。

 

 

後は総投資額が多いからこそ、どのような事業モデルにしていくか?の想定が非常に大切になってきます。

 

 

ただのフードデリバリーの拠点だけだとどうしても業績アップに時間がかかってしまいますので、

 

 

・デリカテッセンの強化

・自社工場を地域コミュニティの場に

・物販商品の強化

・マルシェの強化

 

 

など、1拠点の中での多事業展開も必要になってきます。

 

 

そして、この1拠点多事業展開の中で非常に大切なのが、顧客情報の徹底した活用です。

 

 

特にこちらは今後人口がどうしても減ってしまうエリアでの展開なので、事業が焼畑農業になってしまうと将来性が無くなってしまいます。

 

 

焼畑農業ではなく、仕組みとしてファンのお客様を増やしていくには、この統一した顧客情報の管理・活用フォーマットが必要に。

 

 

この辺りをしっかり整備し、思い切った投資を出来ない競合が多いからこそ、スピード勝負で徹底してシェアを獲って貰えればと思います。

 

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索