業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » 定期的な面談で行っている事
2017-05-12
テーマ:マネジメント, 教育

面談

ギャップを縮める策が明確になっているか?

 

 

今月に入り、グループメンバーとの面談を一気に行っています。

 

 

船井総研は1月が期首ですので、早いもので来月で上半期が終了となります。だからこそ、今改めて下半期に各々がモチベーション高く、コンサルティングに励む環境が重要になってきます。

 

 

さて、この面談なのですが意識しているのが下記3点です。

 

 

①本人が年始に立てていた目標の振り返り(定量面・定性面共に)

②本人が思う、現状

③本人が思う、目標と現状のギャップ

 

 

やはり大事なのは、本人がどう思っているか。人は主観の生き物なので、ここで変にアドバイスをしようとしても、噛みあわなくて時間だけが進むな~なんて事は多々あると思います。

 

 

さて、この中でも③なのですが、

 

 

ⅰ)本人の努力でクリアすべき事

ⅱ)環境整備側として、改善すべき事

 

 

を分けて話すようにしています。自己成長の為には、自責で向き合う事が大切だと思いますので。

 

 

また、このギャップを埋める策について、意外と自分自身を見えていないメンバーも多いと思います。

 

 

そのような時に、しっかりと対話の機会を設け、明後日の方向に行かないようベクトルをしっかり合わせていく必要性を感じますね。

 

 

今回、色々と話す事で様々な気づきもありました。

 

 

その上で、我々のセンターピンはあくまでもお付き合い企業さんの業績アップですので、それをより達成できるようにしていければと思います。

 

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索