業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » 飲食業一本足打法からの脱却
2017-04-20
テーマ:マネジメント, 社長の仕事

うどん

伸びる市場で戦う

 

 

先日は国内・海外共にうどん業態を展開されるお付き合い先へ。

 

 

こちらは現在、食のトータルサポート企業としての多角化を進めていらっしゃいます。

 

 

キッカケとしては、既存店の売上微減と採用困難による行き詰まりでした。

 

 

こちらは地域では非常に有名なうどん店舗で、様々な賞レースでもグランプリ等を獲得されていらっしゃいます。

 

 

そのような背景があれども、立地によっては売上微減でしたし、飲食業という括りで見た時の採用難に当てはまっていました。

 

 

その為、今の形のままスケールしていくのか?それとも別の切り口を探していくのか?の選択を行い、結果的に後者を選択される事になりました。

 

 

具体的内容に関して言えば、

・フードデリバリーへ参入

・BBQ事業への参入

・海外への輸出への参入

・民泊への参入

・他業態への参入

 

 

などなど。上記だけ見ると、無理な多角化じゃないか!?と思われがちですが、実はポイントがあります。

 

 

それは、

①既存のお客様へ新規商品を付加するパターン

②既存の商品を新規お客様へ販売するパターン

 

 

といった具合に、あくまでも既存の強みを活かせる形になっているという事です。

 

 

これが形になるまでには非常に苦労されたのですが、いよいよ収穫の時期です。

 

 

会社の事業規模も一気に変わるので内部体制的には大変ですが、ここをしっかりと乗り切り、新たなる成長曲線に乗って頂ければと思います。

 

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索