業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » 真田ジャパンさんの取り組みに学ぶ
2017-04-09
テーマ:セミナーのご案内

研究会②

隣の芝生は青い

 

 

昨日は次世代給食業経営研究会に参加してきました。

 

 

こちらは全国で40名以上の給食業の経営者さんが参加されている勉強会で、2ヶ月に1度定例会が開催されています。お試し参加も可能ですので、ご興味ございましたら下記よりご確認ください。

http://www.funaisoken.co.jp/site/study/100621.html

 

 

さて、今回の例会のゲストは真田ジャパンの五月女社長にご講演頂きました。真田ジャパンさんと言えば、そのユニークな取り組みをワールドビジネスサテライトでも特集され、グレートカンパニーアワードでも「働く社員が誇りを感じる会社賞」を受賞された企業です。

 

 

では、何がユニークなのか?

 

 

こちらは産業廃棄物や一般廃棄物を収集される事業をメインにされています。決して職種としては人気ではない分野です。しかし、人が常に集まってこられるのです。入社希望も今や数ヶ月待ちの人気企業です。

 

 

その秘訣として社長が仰られた言葉で非常に納得したのが、「隣の芝生は青い」というものです。つまり、地域や周りの評判が良くなるように徹底的に経営されておられ、それが他社さんからすれば「隣の芝生が青く」見えて、どんどん人が集まっているとの事でした。

 

 

例えばですが、

・近隣の掃除を毎日行う

・制服は毎日クリーニング支給で、蝶ネクタイ付き

・課長以上の社員には、家族にもボーナス支給

 

 

などなど。これだけを見ると、「コスト増が・・」と思うかもしれませんが、明確な経営理念があり、それに基づいて運営をされている為、上記の取り組みが結果的に業績アップにも繋がるサイクルに入られていました。

 

 

業績を伸ばされる企業では、業種問わず学ぶヒントが沢山あります。

 

 

今後も、研究会などを通じてどんどん経営を学べる場を提供していければと思います。

http://www.funaisoken.co.jp/site/study/100621.html

 

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索