業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » 吉野家も介護食へ参入
2017-03-20
テーマ:ニュースより

在宅医療を見越して

 

2月から吉野家が介護食への参入を発表されましたね。

 

 

「吉野家のやさしいごはん」というブランドでペースト食としての販売です。

 

 

介護食の市場は、加工食で約1000億円、調理品で約5000億円とも言われています。

 

 

更に今後を考えるとその拡大が見込まれています。単純に要介護者が増えるという視点と、在宅介護への移行ですね。

 

 

食への楽しみは生きていく上で切っても切れないもの。それをどの企業がサポートしていくか?まだまだ新規参入でも戦えるフィールドが大きい分野です。

 

 

実際に、弊社の給食ユニットでも介護食への参入の依頼は数年前から引き続き多い状況です。

 

 

では、とのような業者が多いのか?給食業が参入するというパターンももちろん多いのですが、介護施設をされているところの参入も増えています。

 

 

製造は外注してしまい、運営だけを展開していくパターンですね。粗利率は低いのですが、お客様にワンストップで価値を提供するのか価値となっています。

 

 

今後益々増える介護食市場。自社がどう関わっていくか?は考えておきたいですね。

 

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索