業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » 講演が上手い人の特徴とは?

ファイル 2016-06-09 14 10 28

押さえるべき3つのポイント

 

 

昨日は弊社東京本社にて、セミナーの講演を行いました。

 

 

10月11月は有り難い事に、講演が連続。先週・今週で3本、全国の経営者さんにお話させて頂く機会がありました。

 

 

伝わった事が伝えた事。の原則ですので、講演1つ1つに色々と悩むのですが、「講演で緊張はしないんですか?」「講演で何をポイントにしているんですか?」と質問を頂く事があります。

 

 

その為、講演で意識している事をまとめてみました。

 

 

①動機付けにめちゃめちゃこだわる

基本、人は人の話に興味はないんですよね。笑

 

 

あくまでも、「自分にとってメリットがあるか?」が根幹になりますので、ここの共感をほったらかして喋ってしまうとドロ沼です。

 

 

その為、最初の5分でその人のメリットは具体的に何なのか?にこだわるようにしています。

 

 

②事例は超なまなましく

講演でかっちょいい話って意外とウケなかったりします。

 

 

それよりもやっぱり、体験から来る一次情報のなまなましい話の方が聞きたかったりしますよね。

 

 

その為、かっちょいい成功事例なんかじゃなく、なまなましい「before → after」は気を付けています。

 

 

③目次はシンプルに

「で、今何の話だったっけ?」

 

 

となると、中々講演に集中できないものです。

 

 

その為、自分は何の話をするのか?今何の話をしているのか?と、目次に引き戻して、話があっちゃこっちゃに行かないように気を付けています。

 

 

他にも色々と細かい部分はあるのですが、大枠ではこの3つを意識しています。

 

 

改めてですが、伝わった事が伝えた事ですので、どう伝えるか?は日々精進ですね。

 

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索