業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » デフレ対応メニューに変更する必要はあるか?
2016-10-07
テーマ:事例紹介, 和食

お食い初め

お食い初め

 

 

消費の変化に対応する

 

 

先日はある地方都市で、和食・宅配を展開されるお付き合い先へ。

 

 

こちらは地域一番店で、ここ数年しっかり業績を伸ばされています。

 

 

しかし人口は減っており、かつ地方都市という事もあり消費は決して盛り上がっている訳ではありません。

 

 

むしろ年始から始まった円高・株安によるインフレ基調から、デフレ基調への変化が想定以上に早く浸透しています。

 

 

その為、メニューを一気に刷新する事になりました。

 

 

昨年まではプチ贅沢が1つのポイントだったので、ある種居酒屋メニューも多く、客層幅を広げるようにしていました。

 

 

しかし、それだと価格の分かりづらさがどうしても出てしまいます。

 

 

その為、アラカルト系の居酒屋メニューを4割くらい削減

 

 

その分、明朗会計となる御膳系メニューを一気に品数を増やす事にしました。

 

 

成果に関しては今から出てくるものだとは思いますが、現状で既に御膳の盛り上がりが数字として出てきていました。

 

 

この変化を早め早めにキャッチし、落ち込んでから慌てないようにしていきたいですね。

 

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索