業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » 伸びる若手の共通点

新入社員

 

 

どうすればぐんぐん成長できるのか?

 

8月になり、4月入社の新入社員も徐々に仕事に慣れてきた時期ではないでしょうか?

 

 

船井総研でももちろんそうなのですが、定点的に見ていて成長が早い若手社員の特徴をまとめてみました。

 

 

①目線が高いメンバーと同じ環境にいる

 

 

もっと大きな視点で見ろ!目線を上げろ!

 

 

このようなセリフって良く言ったり聞いたりするのではないでしょうか?

 

 

しかし、そもそも自分が生きてきた価値観でしか目線は上げられないので、上記アドバイスは結構無茶ぶりだったりします。

 

 

ではどうすれば良いのか?

 

 

シンプルに、目線が高いメンバーとの接触頻度を高める事です。

 

 

中小企業ならばその一番はやはり社長ですし、社長が難しくともNo2No3など、とにもかくにも目線が高いメンバーと仕事を介して接する事で、自ずと目線が高まります。

 

 

②一次情報にこだわる

 

 

ネットが普及する事で、情報自体は今までよりも容易に獲得できるようになりました。

 

 

しかし、そこから自分ゴトに租借して活用していく為には、自分の体験に基づく情報が大切だったりします。

 

 

特にコンサル職は情報を多々取り扱う仕事ですので、徹底して一次情報にこだわっているか?が非常に重要になってきます。

 

 

③定量的に捉えられる

 

 

経営力の高いメンバーを育成していく為には、①にて目線を高めつつも、足元でしっかりと数字に強くなければなりません。

 

 

BS・PL・CFの大事な要素がある中で、PLをしっかり読む事が出来るか?

 

 

そして売上を自ら作る事が出来るか?ここの力は非常に重要になってきます。

 

 

ここへの特訓が出来ているか?これも3年目くらいに大きな差に繋がっているように感じます。

 

 

あくまでも、あり方とやり方の掛け算ですので、私自身引き続き上記を意識して進めていく予定です。

 

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索