業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » 設置型宅配は今後伸びてくる

惣菜

 

 

レッドオーシャンの企業向け日常弁当宅配

 

 

宅配市場が成長期のビジネスで収益性が高いという事は、本ブログでも何度かご紹介させて頂きました。

 

 

ただ、その中でもレッドオーシャンの市場は存在します。それは、企業向けの日常弁当の宅配です。

 

 

先日、セブンイレブンが法人向けの弁当宅配に参入を検討しているとのニュースもありました。

http://newswitch.jp/p/3876

 

 

そうなると、更に競争は激化します。今ですら、包材込の原価率が40%を超えて粗利率が悪化している中で、1番シェアを確保できない限り、利益率の面ではやはりレッドオーシャン、厳しい部分があります。

 

 

その中でも、今後の可能性があるのが設置型宅配です。

 

 

設置型宅配の魅力

 

 

 

オフィスグリコをモデリングして徐々に増えてきているサービスですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160312-00000034-mai-bus_all

 

 

「社員に健康な食事を食べて欲しい」

「毎日の弁当は導入が負担」

 

 

といった企業にとって良いサービスで、「食べた分だけの請求+固定費」という明朗会計。

 

 

また、調理方法がクックチルになっており、冷蔵保存であれば弁当宅配と違い、時間を選ばずに食べる事が出来ます。

 

 

この辺りは、夕方~夜以降にも働く企業にとっては魅力的ですね。

 

 

このビジネスの魅力的な部分だと、ストック型のビジネスである事も挙げられます。

 

 

レッドオーシャンになる前に、常に1番シェアを狙って動いていきたいですね!

 

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索