業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » 接客“会話”7回ルールとは?
2016-03-26
テーマ:事例紹介, 実店舗, 居酒屋, 接客力

接客

 

どうすればお客様と親密になれるか?

 

 

先日はある地方都市にて、飲食グループを展開されるお付き合い先に。

 

 

こちらでは様々な業態を展開されており、それぞれが繁盛店。

 

 

既存店売上もしっかり伸ばされており、今年も新規出店が続きます。

 

 

益々今後の展開が楽しみなお付き合い先です。

 

 

さて、こちらでは今回「接客」の話に。

 

 

どうすればお客様と親密になれるか?という課題だったのですが、面白い法則があります。

 

 

①1日中、1人の人とずっと一緒にいる

②1日3時間、1週間会う機会を持つ

 

 

どちらの方が親密になれるでしょうか?

 

 

答えは、①になります。ザイアンス効果というもので、頻度が親密になるには重要というものです。

 

 

マメな人がモテるのがわかる効果でもありますね。笑

 

 

さて、この視点で見た時に外食の接客にはチャンスがあります。

 

 

外食では、2時間の食事でもお客様と“会話”するのは、たった90秒のようです。

 

 

その為、お客様との“会話”接触頻度を高めれば、印象の残りやすくなります。

 

 

こちらでは、接客“会話”7回ルールというものを作ろうとなりました。

 

 

更なるファン客作りの為に、これがどのような効果になるか楽しみなところです。

 

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索