業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » 1日約2,000食のお弁当を作る企業がやった事【日配弁当】
2015-07-08
テーマ:宅配・ケータリング, 日常食

1日約2,000食のお弁当を作る企業がやった事【日配弁当】

業績アップを本気で楽しく!船井総研の堀部です。

 

 

先日は、企業向けの日配弁当を展開されるお付き合い先のところへお伺いしました。

 

DSC_4227-01

↑青森空港で見た「ねぶた」のモニュメント。○○県ならコレ!というイメージって大事ですね。

 

 

さて、日配弁当の市場は伸びているのですが、価格競争も激しいこともあり、各社色々な工夫をされています。その中で、上記お付き合い先は順調に食数を伸ばされており、今は自社商圏にて2位のポジションまで伸ばされてきました。

 

 

何故競争が激しい中で、食数を伸ばす事が出来たのか?

 

日配弁当の市場は、ある程度の食数ラインまであげていかないと、中々利益が残り辛い市場です。その中で、価格競争も激しい為、撤退する企業も多いのも事実です。

 

 

しかし、逆に言えば1位のシェアを獲得してしまえばある程度市場での優位性も持つ事が出来ますし、何よりも安定的な売上を見込む事が出来ます。

 

 

全ての事業において、良い点・そうでない点がありますが、この安定的な収益はやはり魅力です。その為にも、しっかりと1位のシェアを獲得していくことが何よりも大切な市場です。

 

 

その中で、こちらのお付き合い先は現在2位。2ヶ月前まで3~4位くらいだった事を考えれば、素晴らしい伸びだと思います。

 

 

では、何故しっかりと伸ばす事が出来たのか?一番の理由は、競合状況を見逃さなかったところだと思います。

 

 

日常で食べるものですので、ただ価格を落としても、美味しさや安全が損なわれれば意味がありません。その為、ただの値引き戦略に陥ることなく、ポーションの工夫などで美味しさを担保した上での、お値打ち価格を実現されていました。

 

 

また、競合状況をしっかりと分析され、競合が弱ったタイミングでしっかりと「攻め」の営業を行う事で、新規開拓を実現されていました。

 

 

それにより、1日あたり食数をしっかりと伸ばされていました。

 

 

ここで感じる事は、本質的価値を見逃さない(ただの値引きでは意味がない)という事と、包み込みの戦略の重要性です。

 

 

伸びた理由をキチンと分析すれば、その再現性を高められるようになります。こちらのお付き合い先には、是非1番店になって頂ければと思います。

 

 

 


 

◆経営相談や取材、問合わせはコチラまで◆

連絡先:t-horibe@funaisouken.co.jp

無料経営相談はコチラ

 

◆1拠点で営業利益4,000万円を実現する企業向けパーティーケータリング戦略◆

株式会社プラチナデリスタイルの菊井執行役員をお招きし、

1拠点で年間営業利益4,000万円を「付加」した、

企業向けパーティーケータリングのモデルをお伝え頂きます。

http://www.funaisoken.co.jp/seminar/315543.html

 

7月21日(火) 船井総研東京会場 13時~17時

一般価格:27,500円(税抜)

会員価格:22,000円(税抜)

倶楽部価格:10,000円(税抜)←ケータリング・宅配倶楽部の会員様限定

 

現在は先行予約で既に3分の1が埋まっております。

ご興味のある方は、是非お越しくださいませ!

 

◆月々9,800円の通信販売型コンサルティング◆

ケータリング・宅配倶楽部

毎月のレポートから、年に3回の定例勉強会、

年に1回の繁盛店視察バスツアー、

更に毎月FAXでの経営相談まで!

http://www.funaisoken.co.jp/site/study/201558.html

 

◆無料メルマガスタート!!◆

現在、420名様が購読中!

船井総研 宅配・ケータリングメルマガ

 

上記リンク先よりご登録ください。

登録できない場合は、「t-horibe@funaisoken.co.jp」まで

ご連絡くださいませ。

 

◆ツイッター始めました◆

https://twitter.com/horibe0110

 

 

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索