業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » 原価率が37%から29%に軽減した蕎麦店!
2015-04-24
テーマ:そば, 事例紹介

原価率が37%から29%に軽減した蕎麦店!

業績アップを本気で楽しく!船井総研の堀部です。

 

 

先日は郊外にて蕎麦店を展開されるお付き合い先のところへお伺いしました。

 

 

こちらはお手伝いをさせて頂いて2年目になるのですが、経常利益率が約3%から約10%と大幅に改善することが出来ました。

 

 

利益はやはり大事で、利益があるからこそ、自分達の理想を実現することが出来ます。

 

 

実際、臨時ボーナスや内部環境を良くする為の施策を沢山打つことが出来、非常に雰囲気が良い状態でした。そして良い雰囲気は良い行動につながり、業績もかなり好調。いよいよプラスベクトルに入ってきたと感じます。

 

 

では、このように利益率を高める為に実施したことは何なのでしょう?基本的には下記の内容です。

 

 

①理論原価と実際原価の比較

 

こちらに関しては、以前ブログで書いた通りです。

 

 

理論原価と実際原価を毎月毎月見直し、厨房の5Sも徹底していく事により、1年はかかりましたが大幅に原価改善出来ました。

 

 

これは非常に簡単な手法なのですが、手間がかかるので見て見ぬふりするお店が多いのも事実です。それは本当にもったいないので、是非実施してもらえればと思います。

 

 

②値上げの実施

 

こちらでは、ランチのお得なセットを次々とやめていきました。

 

 

そもそもの客層として、ランチに安いものを望む人たちよりも、落ち着いて食事を楽しむことをメインにされる方が多かったので、一気にそちらに振り切りました。

 

 

その結果、客数を減らすことなく単価アップに繋がったので、単純に利益改善に繋がりました。

 

 

値決めに関して、ノリで決めるお店は多く有ります。それは悪いとは思いませんが、「値上げをしても売れ続ける価格」「値下げをしても出数が伸びない価格」といった分断点があります。

 

 

その分断点をキチンと把握できているか?は1年スパンで見ると大きな差に繋がります。細かなところまでこだわっていきたいところです。

 

 

やった事はこの2点だけです。しかし、それを愚直にやりきり、しっかりとPDCAを回していった結果、経常利益率が約3%から約10%にまで改善することが出来ました。

 

 

是非皆様には、利益アップを実現して頂けますと幸いです。

 

 


 

◆経営相談や取材、問合わせはコチラまで◆

連絡先:t-horibe@funaisouken.co.jp

無料経営相談はコチラ

 

◆年商10億円の宅配会社がやっている事◆

株式会社デリズの井上社長をお招きし、

年商10億円を達成したストーリー&ビジネスモデルを

公開するセミナーを開催します!

詳細はこちら→

申し込みはこちら→ 

 

6月03日(水) 東京会場 13時~17時

6月10日(水) 大阪会場 13時~17時

6月23日(火) 福岡会場 13時~17時

1人様:29,800円(税込)

皆様のご参加、お待ちしております。

 

◆月々9,800円の通信販売型コンサルティング◆

ケータリング・宅配倶楽部

毎月のレポートから、年に3回の定例勉強会、

年に1回の繁盛店視察バスツアー、

更に毎月FAXでの経営相談まで!

http://www.funaisoken.co.jp/site/study/201558.html

 

◆無料メルマガスタート!!◆

現在、400名様が購読中!

船井総研 宅配・ケータリングメルマガ

 

上記リンク先よりご登録ください。

登録できない場合は、「t-horibe@funaisoken.co.jp」まで

ご連絡くださいませ。

 

◆ツイッター始めました◆

https://twitter.com/horibe0110

 

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索