業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » お粥のテイクアウト業態をオープン
2015-04-09
テーマ:中華, 事例紹介

お粥のテイクアウト業態をオープン

業績アップを本気で楽しく!船井総研の堀部です。

 

 

先日は中華を展開されるお付き合い先のところへお伺いしました。

 

 

こちらでは、新店舗としてお粥のテイクアウト業態をスタートされます。テイクアウトは外食の中でも伸びているジャンルです。プレオープンでは良い流れのようなので、しっかりと立ち上げてもらいたいところです。

 

 

さて、こちらのお付き合い先で「凄いな」と感じたことがあります。それは、実行力です。

 

 

本当に忙しくて出来ないのですか?

 

 

こちらの会社さん、非常に素晴らしい実行力を持たれています。

 

 

というのも、今回のお粥のテイクアウト業態は、1月に急に物件が決まり3ヶ月で本当に1から作り上げました。更に、同時進行で中華弁当事業も立ち上げていました。つまり、たった3ヶ月の間に新規出店と新規事業の立ち上げが重なっていたのです。

 

 

しかし、全く出来ない理由を上げる事なく、全て形にされました。このような取り組みを見ていると、伸びる会社さんの共通点が見えています。

 

 

個人的にですが、ユニクロの柳井さんの「一勝九敗」という考え方が好きです。

 

 

・会社を存続させていくには、常に組織全体の自己革新と成長を続けていかなくてはならない
・改革には現状否定が欠かせない

 

 

本当に、そう思います。

 

 

1勝0負であれば、勝負はたったの1回。しかし、1勝9負であれば、勝負は10回しています。つまり、10回分PDCAが回り成長や変革のキッカケに繋がります。(もちろん経営が傾くような大勝負で9負もしてはいけませんが。)

 

 

行動しなければ前進なんてありえません。にも関わらず、ほとんどの会社・人が行動せずに、かつ現状否定を出来ません。

 

 

という事は、ここが成長のチャンス。これを徹底する会社が勝っていくのだと思います。

 

 

わざわざ経営幹部が集まっている会議で「出来ない理由」をさも理路整然と発表する人がいます。これって、時間の無駄の極みですよね。「出来る理由を考える、そしてやりきる」この当たり前の積み重ねの重要性を改めて感じられる一日でした。

 

 

(とはいえ、今回の2勝負は2勝0敗を実現してもらいますが。笑)

 

 

 


 

◆経営相談や取材、問合わせはコチラまで◆

連絡先:t-horibe@funaisouken.co.jp

無料経営相談はコチラ

 

◆年商10億円の宅配会社がやっている事◆

株式会社デリズの井上社長をお招きし、

年商10億円を達成したストーリー&ビジネスモデルを

公開するセミナーを開催します!

詳細はこちら→

 

6月03日(水) 東京会場 13時~17時

6月10日(水) 大阪会場 13時~17時

6月23日(火) 福岡会場 13時~17時

1人様:29,800円(税込)

皆様のご参加、お待ちしております。

 

◆月々9,800円の通信販売型コンサルティング◆

ケータリング・宅配倶楽部

毎月のレポートから、年に3回の定例勉強会、

年に1回の繁盛店視察バスツアー、

更に毎月FAXでの経営相談まで!

http://www.funaisoken.co.jp/site/study/201558.html

 

◆無料メルマガスタート!!◆

現在、180名様が購読中!

船井総研 宅配・ケータリングメルマガ

 

上記リンク先よりご登録ください。

登録できない場合は、「t-horibe@funaisoken.co.jp」まで

ご連絡くださいませ。

 

◆ツイッター始めました◆

https://twitter.com/horibe0110

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索