業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » 昨年対比130%のイタリアンでやった事【業績アップ】
2015-01-11
テーマ:イタリアン, 事例紹介

昨年対比130%のイタリアンでやった事

業績アップを本気で楽しく!船井総研の堀部です。

 

 

先日は繁華街にてイタリアンを展開されるお付き合い先のところへお伺いしました。

 

 

こちらは12月で決算なのですが、業績は昨年対比130%と非常に良い伸びで着地することが出来ました。そして何よりも高収益化できたのが良かったところです。

 

 

お客様の声=答えではない

 

こちらの店舗で初めて試食させて頂いたときに感じたことが1つあります。それは、オーバースペックだな。という事です。

 

 

元々商品力が非常に高いにも関わらず、変に集客を意識して客単価3,000円台中盤くらいに抑えられていました。

 

 

その結果、全く自社の客層ではないお客様が集まっており、狙いの客層と違う為、「高い」という意見が非常に多かったのです。

 

 

もしここでお客様の声を全ての答えと捉えていれば、値下げなどの戦略を取ったかもしれません。しかし、商品力が高いにも関わらず全く客層が合っていない事に注視し、商品MDを変えることにしました。

 

 

予算帯を考えよう

 

少しざっくりした考え方ではありますが、予算帯は下記のように分かれると考えられています。

3,000円予算:2,700円~3,999円

5,000円予算:4,000円~7,999円

 

 

今までは3,500円くらいの客単価だったので、3,000円の予算に当てはまります。

 

 

ただ、これでは狙いの客層と違うという事で、客単価を6,000円くらいに上げました。つまり、5,000円の予算の客層を狙うという事です。

 

 

そしてこれがはまりました。WEB集客が一番最初のキッカケではありますが、商品に対して価値を感じてくださるお客様の絶対数が増える事によって業績がぐっと高まったのです。

 

 

良い商品を作ったとしても、そこに「どのようなお客様にとってよいのか?」の視点が抜けていると繁盛はしません。

 

 

常にお客様の姿をイメージし、PDCAサイクルを回していきたいですね!

 

 


 

◆経営相談や取材、問合わせはコチラまで◆

連絡先:t-horibe@funaisouken.co.jp

無料経営相談はコチラ

 

◆繁盛店視察ツアーを開催します!!◆ 

 

2月10日(火)にて、東京にて仕出し・宅配業の

繁盛店視察ツアーを開催いたします!!

 

前回は満員御礼となり、キャンセル待ちが10社様以上発生した

人気のバスツアーになります。

ご興味がございましたら、日程は空けておいてください!

http://www.funaisoken.co.jp/seminar/315231.html

 

◆月々9,800円の通信販売型コンサルティング◆

 

ケータリング・宅配倶楽部

毎月のレポートから、年に3回の定例勉強会、

年に1回の繁盛店視察バスツアー、

更に毎月FAXでの経営相談まで!

 

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索