業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » 緊張しない為にやっている事

緊張しない為にやっている事

業績アップを本気で楽しく!船井総研の堀部です。

 

 

先日はセミナーの講師として、約3時間ほど多数のお客様の前で講演する機会がありました。

 

 

このような仕事をやっていると、自社会場であれ外部会場であれ、2ヶ月に1回くらいは講演する機会があります。

 

 

そこでよく、「堀部さんは緊張しないんですか!?」と言われます。どうやら、あまりそういった事が顔に出ないので伝わっていないみたいなのですが、「んなわけない!」といった感じで、もちろん緊張します。というよりも、かな~り話す直前は憂鬱な気持ちになっています。笑

 

 

ただ、それをどう解消するか?という部分に関しては、色々と工夫していることがあります。

 

 

①自分への期待値を下げる

 

これは昔、元プロ野球選手でヤクルトにいらっしゃった宮本選手が仰られていたことで、「スランプとは一流の選手が使う言葉」というものがありました。

 

 

個人的にこの言葉には「はっ」とするものがありました。

 

 

自分もスランプだな~緊張するな~という気持ちがよく芽生えていたのですが、それはそもそも自分を過大評価しすぎじゃないか?と思い直すようになりました。

 

 

自分は平々凡々。自分が思っている以上にイケてないんだから、調子乗ってカッコよくしようというよりも、自然体で話そう。と心がけるようにしました。

 

 

これにより、大分話す際の緊張度は抑えられるようになりました。

 

 

②講演の際は舞台だと思う

 

上記とは少し矛盾するかもしれませんが、講演の際、「ここは舞台だ」と思うようにもしています。

 

 

つまり、「講演好きな自分を演じる」ようにするんです。これ、上記で「自然体」と言いながらもかなり矛盾していますね。笑

 

 

ただ、①が自然に出来るようになってくると、そこの現状維持では駄目で、もっと聴いてくださる方の心に響く言葉のチョイスや話し方をしなければと感じるようになりました。

 

 

そう考えていると、ただの自然体からもう一歩、聴く方が前のめりになるような立ち振る舞いはどうすればよいか?を考えるようになり、それを実現する為に、「ここは舞台だ、自分は演者だ」と思い込むようにしました。

 

 

この①と②によって、講演の直前は憂鬱なのですが、講演中にはある程度話をまとめられるようになってきました。

 

 

自分なりの、自然体になれる方法を持っておくのは、ここぞと言うときに使えますね^^

 

 


 

◆経営相談や取材、問合わせはコチラまで◆

連絡先:t-horibe@funaisouken.co.jp

無料経営相談はコチラ

 

 

◆月々9,800円の通信販売型コンサルティング◆

 

ケータリング・宅配倶楽部

毎月のレポートから、年に3回の定例勉強会、

年に1回の繁盛店視察バスツアー、

更に毎月FAXでの経営相談まで!

 

 

非常にお得な内容となっております!

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索