業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » 日本というコンテンツの強さ【タイ・バンコク】
2014-12-03
テーマ:タイ出店, 海外出店

日本というコンテンツの強さ【タイ・バンコク】

業績アップを本気で楽しく!船井総研の堀部です。

 

 

先日はお付き合い先の社長と一緒に、タイのバンコクへ出張へ行ってきました。

 

 

今回の出張の目的は、お付き合い先の店舗視察もあったのですが、全体的にバンコク出店の生の声を聞こうというものもありました。

 

 

日本というコンテンツの強さ

 

今回の出張で非常に感じたことは、日本というコンテンツの強さです。

 

DSC_2461_1

DSC_2464_1

 

 

バンコクにおいて、外食産業は成長期のビジネスになります。

 

 

このような成長期の場合、「立地」「規模」「ブランド力」の戦略部分を間違えなければ、大きく業績を伸ばすことが出来ます。

 

 

今でいえば、人が集まるところに出店すれば売上が伸びるのですから、良いショッピングモールや百貨店に進出しておく必要があります。

 

 

この視点で見た場合に驚いたのが、日本料理比率の高さです。イタリアンやフレンチ関連はほぼ皆無で、中華・韓国関連も数える程でした。

 

 

大半が、「寿司」「しゃぶしゃぶ」「和食」のコンテンツで溢れかえっており、そして戦術を間違えていないところは非常に繁盛していました。

 

 

ここ数年、私自身も海外に行く機会が増えましたが、やはり成長期のマーケットで戦う重要性を感じます。

 

 

その上で、成長期かつ親日国であり、和というコンテンツの強いところで戦う優位性も非常に感じることが出来ました。

 

 

国内にいるとどうしても悲観主義になりがちですが、常に目線を広げ、新しい情報を取り込んでいきたいですね!

 

 

 


 

◆経営相談や取材、問合わせはコチラまで◆

連絡先:t-horibe@funaisouken.co.jp

無料経営相談はコチラ

 

 

◆月々9,800円の通信販売型コンサルティング◆

 

ケータリング・宅配倶楽部

毎月のレポートから、年に3回の定例勉強会、

年に1回の繁盛店視察バスツアー、

更に毎月FAXでの経営相談まで!

 

 

非常にお得な内容となっております!

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索