業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » リピートだけで昨年売上を越えるもつ鍋店
2014-08-06
テーマ:もつ鍋

リピートだけで昨年売上を越えるもつ鍋店

業績アップを本気で楽しく!船井総研の堀部です。

 

 

先日はもつ鍋業態を展開するお付き合い先のところへお伺いしました。この会社さんでビックリ事例が発生しました。それは、昨年の売上実績を今年のリピート売上だけで越えたのです。

 

 

リピート売上の重要性

 

今後、日本の人口が伸びる見込みは今のところありません。となると、単純に商圏内の人口が減っていくことになります。そうなれば、今まで以上に新規集客が難しくなるのは目に見えています。

 

 

その為、何よりもリピート売上額を伸ばしていく必要があります。その為にも、1日の売上がいくら!だけではなく、そのうちの「新規売上」と「リピート売上」をキチンと把握していく必要があります。

 

 

こちらの会社さんでは、①新規売上・リピート売上の把握 ②初回来店客のリピート率の把握 この2点をまずは徹底するようになりました。

 

 

現状を知ってショックを受けて初めて動ける

 

上記2点をこのもつ鍋屋さんは始められたのですが、最初のデータを見たときにショックを受けました。それはリピート率が8%しかなかったのです。これは飲食業界では非常に低い数字であったと言えます。店長もかなり凹まれたかと思います。

 

 

ただ、ここで上記お付き合い先の店長が素晴らしい行動を取られました。それは、リピート売上を高める目的をキチンと把握し、従業員さんに共有されたのです、何事も人を巻き込めなければ成果は発揮できません。そして、人を巻き込んでいくには、目標や手段の共有ではなく、目的の共有が必要になります。まずはこの目的が明確にされました。

 

 

リピート率が8%から28%へ!

 

上記にて目的(ゴール)が明確になりました。後は行動するだけです。実際に何をされたかと言うと、「名簿の獲得」「サンクスメール」「メルマガ」この3点だけです。えっ、それだけ!?と思うかもしれません。しかし、短期的に効果が出る・出ないではなく、ここの店長はこれを徹底されたのです。

 

その結果、リピート率が徐々に上向いてきました。8%から始まり、13%まで伸び、そして先月は28%を達成されました。今は30%越えを目標にしていますが、これは超繁盛店レベルです。

 

この取り組みの成果もあり、昨年の売上を何とリピート売上のみで越えられたのです。これもあり、昨年対比140%も達成されました。

 

 

このような取り組みは、今後の人口減少時代を考えると非常に参考になる部分かと思います。是非皆様も、生涯顧客作りに本気で動いて頂ければと思います。

 


 

◆経営相談や取材、問合わせはコチラまで◆

t-horibe@funaisouken.co.jp

 

 

◆◇セミナー情報◇◆

和食店・仕出し店向け、企業向け宅配強化セミナー

8月28日(木) 大阪会場

9月 2日(火) 東京会場

 

でセミナーを行います。

脱低利益率!年商1億円・営業利益30%を残す

新しい事業軸の作り方です。

 

ご興味がある方は是非お越しください!

詳細&申し込みページはコチラ→http://www.funaisoken.co.jp/seminar/314555.html

 

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索