業績アップを本気で楽しく!船井総研 堀部のブログ » Blog Archive » 昨年対比130%で成長を続ける焼肉店がやった事
2014-06-21
テーマ:事例紹介, 固定化, 実店舗, 焼肉, 販促力

業績アップを本気で楽しく!船井総研の堀部です。

 

 

先日は焼肉店を展開する

お付き合い先のところへ、お伺いしました。

 

 

今月も業績は好調で昨年対比130%まで伸ばされました。

年商規模としても、10億円が射程圏内に入りました。

 

 

業績アップの為にやった3つの事

 

①顧客管理の徹底

 

人口減少時代には、如何に生涯顧客を作るか?

が非常に大きなテーマになってきます。

 

 

その為、「VIP会員制度の構築」「顧客のデータ化」「RFM分析の徹底」

これをやるようにしました。

その結果、ベース売上を伸ばすことが出来ました。

 

 

②WEBマーケティングの徹底

 

今までは衝動来店も多かったと思いますが、

今の主流は目的来店です。

 

 

何かしらも目的を持ってお店を探されます。

となると、一番強いのはWEB媒体となります。

 

 

「ホームページ」「食べログ」「ぐるなび」「FB」を強化することで、

新規売上を伸ばすことが可能になりました。

 

 

よく、ポータルサイトを毛嫌いされる方もいらっしゃいますが、

あくまでもバランスです。

CPOが合うならば、実践していきましょう。

 

 

③店長陣の数値意識の強化

 

当たり前ですが、数字を達成できるかどうかは、

ほとんど店長にかかっています。

 

 

となると、「数字が苦手」というのは駄目ですね。

計数管理を徹底することで、何をすればどうなるか?

これが明確になり、売上の再現性が高まりました。

 

 

成長ベクトルに入ると、一気に伸びる

 

特に強化したのは上記3点ですが、

一度成長ベクトルに入るとその勢いはある程度継続します。

 

 

何事もライフサイクルがありますので、

成長期に入ると強いです。

 

 

ただ、成長期は必ず成熟期に入ります。

その前にしっかりと準備力を高め、

未来への種まきを実行していきたいところです。

 

 

 

プロフィール
株式会社船井総合研究所
フードビジネス
グループマネージャー
堀部 太一
プロフィールはこちら
検索